1. Home
  2. 家族
  3. 第13回「もやもやを話そうKai」 久しぶりのオフライン開催しました!

もやもやを話そうKai 報告 2020年7月28日

第13回「もやもやを話そうKai」 久しぶりのオフライン開催しました!

7月のもやもやを話そうKai☆久しぶりのオフライン
お顔を見合わせながら
開催することができました。

今回の話そうKaiは

“何を求めているのか”
というところで
みなさんそれぞれに
自分と向き合えた時間になったのではないかとおもいます。

・本当の自分を知りたい。

・いまの自分を打破できるような場に魅力を感じる。そういう場に行きたい。

・家族のほっこり話をききたい。

・わたしか!
という一瞬の受け取りで
人間関係や事象が
変容した体験を集めて
体験集をつくりたい。

・話すことって
デトックス。
たまってるもやもやを
話したらきれいになる。
脂肪もとれる?!
話すことで
自分でないものが
そぎ落とされ軽くなる♡
そんな場をつくりたい。

・メビウス図のように
自分を知ること
と家族を知ることは
繋がっていたり、
子供時代と介護時代も
連動していたり。
関係ないと思っているものが
一生の中で繋がっている事象の研究してみたい。
メビウス研究会、自分ラボ
やりたい。

などなど
“もやもや”から
やってみたいこと、
場に求めているもの。
いろんな想いや価値観が
表現されていく創造空間がうまれ、共有された話そうKai☆となりました。

8月のもやもやを話そうKai☆
開催日は8月26日

問い合わせ先は

kazokumoya@gmail.com

追記

帰宅後、中1の娘にも
自分を知りたいと思うか
きいてみると

即答で
知りたいと思う。
とかえってきました。

どんなことを知りたいのか
きいてみると

自分の性格やクセや
持っているもの。
自分ではみえないけど
自分の中身を
知りたいとおもう。

自分を知れたら
自分に客観性が持てて
、落ち着いて考えれるし
興味が湧く。
自分が
もっているものを
活かすことができそう。

自分を知るって
いいことだとおもう。

ときかせてくれました。

自分という存在に
興味を持ち
自分を知り
毎日を過ごしていきたいと
中1の子供でも
感じているんだなぁと
子供の気持ちも知れました。

自分を知る視点と
その安心感を
たくさんの方と共有できる家族ラボにしていきたいなと
あらためて思った話そうKaiでした☆