1. Home
  2. 介護・医療現場
  3. この時だからこそ行動した私たち

メッセージエリア活動/イベント 2020年3月10日

この時だからこそ行動した私たち

介護・医療現場ラボチームのインスタグラム始動!
2月26日~28日の3日間に渡り、インデックス大阪にて開催された【医療と介護の総合展(メディカルジャパン)】クリニックEXPOへ研究員仲間と参加してきました。
このイベントは、医療(病院、クリニックの運営支援、医療機器、設備、IT)と介護(介護、看護、地域包括ケア、薬局向け)に関わるあらゆる製品、技術、サービスが一堂に出展される総合展で、西日本最大級と言われるだけあって、先ず会場の広さに驚きました。
会場に着いて皆で受付を済ませてから、楽しみにしていた、ホリエモンこと堀江貴文氏出演の特別講演パネルディスカッション【治療から予防へ~予防医療が実現する未来社会~】に参加。
広い講演会場が満席に近い状態で人気の高さが伺えました。
講演を聞きながら、これまでも健康教育や啓発啓蒙もしてきたが、人の行動変容はそう簡単には起らない。なぜ人はわかっていながら予防行為がとれないのか?関心がないのか?関心を向けるにはどう振り向かせるか?など。出演者の方々もジレンマの中で葛藤、模索しながらやり続けておられました。
また、強く印象に残ったのは、これまでのやり方や考え方には限界があり、今までにない新しい切口で!アプローチを変えていかないといけない。そしてそれを直ぐに行動に移すことがいかに大切であるかという言葉でした。
午後からそれぞれに参加させて頂いたセミナーやブース巡りでは、国の各関係者の方々は私達の目には触れないところで、国民に対し、緻密に真摯に対応されていること、また集客やマーケティングについても勉強になることが多く、今後の私達の活動にとって、とても参考になるものでした。
また、どんな事も全ての中心にいるのは“人”であり、人間!“人”そのものが根源から変わることが出来たら、これからの医療も介護の世界も、また社会も国も全て変わることは可能だと確信できました。
この時期に開催されたからこそ、参加した医療、介護に携わる関係者の方々の想いや、揺るぎない意志力を感じ、こうして私達も同じ志をもった仲間と参加できたことは、これからの活動に大きな意味があると感じています。
この日、早速行動に移すべく、“介護・医療現場研究員“のInstagramを立ち上げました。
今世間はコロナの話題で不安な日々を過ごしておられる方も多いと思います。
研究員が勤める病院では、今までにない感染症対策を行っていたり、自身も自分が感染症になるかもしれないと不安や恐怖を抱えながら現場で働いています。
ですが、こんな時だからこそ、基本に忠実にかつ柔軟に、やるべき行動をしマイナスから逃げずにしっかり観ていくだけ。そして今起きているすべての事象に対して、しっかりミロス システムとしてみるしかない。現場のコミュニケーションだけでは拭えない不安があるときは、ミロスヒアリングの安心空間の中で、自分の中にあるものを吐き出すなど、日々コツコツ本当の自分自身に向かうだけです。
これからコロナの影響はどこまで広がっていくかは分かりませんが、全く新しい視点(ミロス システム)を理解した者として、日々研究、実践を重ね、誰もが安心安全に暮らせる社会の実現に向け、これからも活動していきますので、今後とも宜しくお願い致します。