1. Home
  2. セカンドライフ
  3. 研究シェア報告~テーマ:最近の気づき①~

実証報告 2020年10月16日

研究シェア報告~テーマ:最近の気づき①~

【セカンドライフ】ラボラトリーでは、高齢者に関わる社会課題解決&予防に向けて、同じ志を持つ仲間との交流を深めながら、定期的に研究シェアを行っています。


 

「最近の気づき」というテーマで行われた交流会&研究シェアの内容をご報告します。

今回は、『新次元思考テクノロジーMIROSS(ミロス)』の理解をベースとした、日常生活での気づきやその体験談などを話し合いました。

テーマ:「最近の気づき①」

 ↓(研究員&サポーターの声より一部抜粋

■「最近の気づき」と言うテーマで、いろいろ出し合って行く中で…どなたも素晴らしく俯瞰度が上がっていて、色々な思い込みの思考が外れて軽くなって来ているのが感じられました。私自身も完璧を求める余り、今迄は自分をジャッジする思考癖がありましたが、ミロスシステムの理解が深まり “あるがまま” の位置でリラックス出来ていることに幸せを感じています。同時に今ここに存在していることの目的や意味もはっきりと解り、改めて(役割や活動への)覚悟を覚えました。(野坂研究員・70代)

■ “素直” になれている自分がいます。それがハッキリしてきたのを感じます。4人姉妹の末っ子で、大人達に囲まれ、仲間外れ、劣等感などを常に感じて生きてきました。本当は寂しかったけれど、そうした感情を隠して、(プラス思考で)私は幸せと強がっていました。ところが両親の愛情(内なる融合)を感じられるようになり、(片側からの)思い込みで作った人生だったと解ったら、全てが感謝に変わり父母が愛おしくなりました。(H.Yさん・60代)

■ 私は、人の話をじっくり聞くことが出来ませんでした。ついつい人の話の途中で口を出してしまっていて。これは「自分が自分の声を聞けていない!」ということ。それに気づいたおかげで、今は人の話をじっくり聞ける(受け取れる)ようになりました。頭の理解だけでなく実際に体験して、理解していく…こうした自分を知るプロセスを楽しんでいこうと思います。(M.Yさん・70代)

■ こうして、今、ここにいること、出会えたこと。状況を超えられる視点、そして出会いがいつもある。感じていけることに、ノージャッジで “OK” を出せるようになりました。久しぶりに娘や孫に会い、ここまで成長したことにも改めて感謝が沸いてきました。ミロス、セカンドライフラボラトリーにも触れられていること、気づけたことにも感謝です。(Y.Yさん・60代)

■ 元々ミロスに興味を持ったのは、自立しない子ども、8050問題を何とかしたかったから。しかし、そうした問題もなくなっています。今はパートナーと向き合うしかないと感じ、自分自身を知るために実践中。稲刈りをしてほしい時(片側に傾いていると)、夫は全く動かなかったのですが、「任せよう」と手放したら…こちらも自分の思い通りに(笑)なってきています。(O.Cさん・ 70代)

■ なかなか自虐という思考パターンから抜け出せなかったのですが、本気で「この自虐癖をやめよう!」と思いました。そこから(ミロスの)ラインライブを聞いたりして、(新しい視点から)愚痴や文句ばかり言っている人にだって、もう片側があることを知っていったことで…自分いじめ、また人からもいじめられてきたところから抜け出せて良かったです。(M.Cさん・60代)

■ 40年白髪染めをしてきました。薬剤で染めると痒みが出るのでやめたかったのですが、みっともないからやめられなかったんです。(自分自身のためにも)やめてみて2ヶ月たったら、痒みが取れました。実際に行動に移したことで、今まで自分に酷いことをしてきたと改めて思いました。真っ白になって、誰か分からない方もあるけど(笑)「初めまして」と挨拶し、新しい自分自身を楽しんでいます。(U.Kさん・ 70代)

etc…


 

『新次元思考テクノロジーMIROSS』という新しい思考様式を応用した “気づき(理解)” によって、今迄はまり込んでいた思考パターン、長年しみついていた思い込み、隠していた無意識を解放していったことで、「問題が消えてしまった」「新しい自分自身を生きられるようになった」「パートナーや家族が変わった、」「“現在” を楽しめるようになった」など…個々の体験を受け取り合いながら、また全員で新たな感覚と認識を深めていきました。

一人ひとりの内的な環境を整えていくことで、自分、夫婦、家族、社会という外的環境にも素晴らしい影響を与えていけるという想いのもと、【セカンドライフ】メンバーによるワクワクしたシェアはまだまだ続きます…次回の記事でご報告します。